FX用語 スキャルピングとは

FXのスキャルピングについて説明します。

 

スキャルピングは、1日に何度も売買を繰り返すトレードで、

 

短期トレードの中でも、

 

新規注文を出し、保有ポジションを決済するまでの時間が、最も短いトレード方法です。

 

 

スキャルピングのトレード時間、すなわち、新規注文を出し、保有ポジションを決済するまでの時間には、結構いろいろで幅があり、

 

1回のトレードで、短い場合は数秒から、長いもので数十分くらいまでの時間をかけるものとなります。

 

 

このスキャルピングで注意することは、秒スキャと呼ばれているトレードで、

 

新規注文を出し、保有ポジションを決済するまでの時間が、ほんの数秒である、超短期トレードです。

 

その数秒間のトレードを何度も繰り返すと、FX口座を凍結にされる可能性があります。

 

ただ、FX業者のJFXは、秒スキャを容認しています。