FX用語 スプレッドとは

FXのスプレッドについて説明します。

 

例えば、ドル円のスプレッドが0.3PIPSだとします。

 

1ドル=100円のときに、ロングでエントリーすると、

 

100.003円で1ドルを買うことになります。

 

すなわち、スプレッドの分、高い値で買わされたり、安い値で売らされたりするということです。

 

 

ですから、スプレッドは狭ければ狭いほど、客に良心的な設定であるといえます。

 

スプレッドの広さ・狭さは、FX業者によって異なります。

 

スプレッドの狭いFX業者を利用するようにしましょう。

 

 

さて、スプレッドは、取引手数料みたいなもの・・・と思って頂いても間違っていないのですが、

 

実際は、FX業者が負けないようにするために、

 

もう少し丁寧に言うと、FX業者がスキャルピングで短時間で客にお金を抜かれないようにするために、設定しているものです。

 

 

ですから、ボラティリティの大きな通貨ペア、例えばポンド円やポンドドルは、スプレッドが広く、短時間のスキャルピングで客にお金を抜かれないようにしています。

 

ボラティリティが小さなドル円のスプレッドが、どこのFX業者も狭く設定してあるのは、これが理由なわけです。