FX ランド円(ZAR/JPY)の負けないトレード方法

FXでランド円(ZAR/JPY)を使った、負けないトレード方法を教えます。

 

 

南アフリカランドは、2019年4月20日現在、7.96円と、とても安い値段で買うことができます。

 

この安さを利用して、レバレッジをかけずに買いポジションを保有することができます。

 

10000通貨なら、7.96円の10000倍の、7万9600円で、レバレッジをかけずにロングポジションを購入可能です。

 

 

ロングポジションにレバレッジをかけない場合と、レバレッジをかけた場合の違いを説明しておきましょう。

 

ロングポジションにレバレッジをかけない場合とかけた場合の違いとは

 

ロングポジションにレバレッジをかければ、たくさんの枚数(LOT数)のポジションを保有できたり、あるいは、少ない証拠金でポジションを保有することができるということが言えます。

 

しかし、その分リスクが伴います。

 

そのリスクというのが、ロスカットされる可能性が出てくるということです。

 

レバレッジをかければかけるほど、ロスカットされる可能性は高くなります。

 

逆に、レバレッジをかけないと、ロスカットされる危険性がなくなります。

 

 

但し、ロングポジションでマイナススワップがつくと、日に日に口座資産が減っていき、維持率が減少し、いつの間にかレバレッジがかかっているということもあるので、注意が必要です。

 

また、ショートポジションを保有した場合、とってもとっても値が上がると、レバレッジをかけずにポジションを持ったとしても、ロスカットされる可能性があります。

 

つまり、ランド円は、とても安い証拠金で、ロングポジションをレバレッジをかけずに保有することができる

 

すなわち、とても安い証拠金で、ロスカットされない勝負をすることができるということです。

 

 

また、ランド円はロングポジションのスワップが良いことで人気があり、

 

スワップ生活を行っている人がたくさんいます。

 

 

つまり、ランド円のロングポジションは、

 

ロスカットされない勝負を、毎日スワップポイントを貰いながらできるということです。

 

 

ランド円のロングポジションをレバレッジをかけずに保有することが、負けないトレード方法であることが理解できたと思います。

 

 

では、次の問題について説明します。

 

エントリーポイントと、利確ポイントはどこにしたら良いでしょうか。

 

 

ランド円のエントリーポイントと利確ポイントは、週足のボリンジャーバンドを使って決めることをおすすめします。

 

 

答えを言ってしまうと、週足のボリンジャーバンドの−2σ付近でエントリー、+2σ付近で利確です。

FX ランド円(ZAR/JPY)の負けないトレード方法

※楽天証券のFXチャート https://www.trkd-asia.com/rakutensecj/popupchart.jsp?sym=ZARJPY=X&ricType=3


上のチャートは、楽天証券のFXチャートで、南アフリカランド円の週足チャートです。(※2019年4月20日現在)

 

ボリンジャーバンド−2σは7.6円より下にあるので、7.6円以下になったら、エントリーをすると良いということです。

 

ボリンジャーバンド+2σは、8.2円くらいにあるので、利確は8円を超えたあたりで良いです。

 

 

さて、損切値はどこにしたら良いでしょうか。

 

損切値は、考える必要ありません。 ストップ注文を入れる必要がないのです。

 

下がったら下がったで塩漬けにしてしまいます。

 

塩漬けにしていれば良いのです。

 

なぜなら、レバレッジをかけていないので、ロスカットされないですし、毎日スワップポイントがもらえるのですから。

 

評価損益がマイナスであっても、そのうち累計スワップポイントで、評価損益のマイナスが相殺され、プラスになります。

 

 

以上が、ランド円を使った、負けないFXトレード方法となります。

 

 

FX ランド円(ZAR/JPY)の負けないトレード方法 まとめ

  • レバレッジをかけずにロングポジションを取る
  • 週足ボリンジャーバンド−2σ付近でエントリー、+2σ付近で利確
  • ストップ注文は入れない
  • 下がっても損切はせず、累計スワップポイントが評価損益のマイナス分を相殺するまで、決済はしない

 

 

もし、以上の負けないトレード方法を実践するのならば、スワップポイントはFX業者によって、だいぶ異なってくるので、

 

ランド円のロングポジションのスワップが良いFX業者で取引を行うべきです。

 

 

ランド円のスワップポイントが良く、またスプレッドが狭い、おすすめのFX業者は、

  • トレイダーズ証券(みんなのFX)

です。

 

トレンダーズ証券は、ランド円だけではなく、トルコ円、メキシコペソ円といった、新興国通貨のスワップがとても良いと評判のFX業者です。

 

また、

 

FX業者によって、取引通貨単位が異なるのですが、

 

ランド円は1ランド8円弱くらいなので、

 

取引通貨単位が、10万通貨のところでは、8円×100000で、80万円必要となります。

 

トレイダーズ証券の場合、

 

取引通貨単位が、1000通貨のため、

 

8円×1000で、8000円あれば、レバレッジをかけないトレードが可能です。

 

 

「たったの8000円じゃ、利益を出せないのでは?」

 

と思われるかもしれませんが、

 

先ほど、週足チャートのボリンジャーバンド−2σのところが、7.6円でしたよね。

 

1000通貨保有すれば、7.6×1000で、7600円でロングポジションを保有できます。

 

そして、8.2円のところが、ボリンジャーバンド+2σでしたね。

 

7600円で買ったポジションが、8200円で売れるため、600円の利益を出すことができます。

 

 

600円では、さすがに物足りないと感じるのであれば、

 

1000通貨の10倍の、10000通貨保有すれば、6000円の利益をだすことができます。

 

当然、10000通貨保有するめには、

 

8円×10000で、80000円ほど必要となります。

 

 

トレイダーズ証券で、ランド円で負けないFXトレードを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

トルコ円で上記のトレードをすることはおすすめしない

ちなみに、トルコ円もスワップ利回りが高いということで、スワップラーに人気の通貨なのですが、

 

トルコ円で、上記の方法でトレードを行うことは、おすすめしません。

 

理由は、月足や週足の長期足チャートで、明らかな下降トレンドだからです。

 

ランド円は下がるところまで下がった感があり、

 

下降トレンドといえるかもしれませんが、もう本当に緩やかな下降トレンドとなっています。

 

また、1ランド8円弱なのに対して、

 

1リラ20円くらいですので、

 

ランドは8円弱しか下げる余地がないのに対して、

 

リラはまだ20円近く下がる余地があります。

 

さらに、レバレッジをかけないで買うとなると、

 

やはり、ランドは1通貨8円で買えるのに対して、リラは1通貨20円ほど必要となるので、

 

ランドよりリラはお金がかかってしまいます。

 

そのような理由で、トルコリラ円で、上記の負けないトレード方法(レバレッジをかけずにロングポジションを持つ)を行うことはおすすめしません。