FX用語 ショートとは

FXのショートについて説明します。

 

ショートとは、売りの意味です。

 

反対語はロングで、買いの意味です。

 

 

例えば、「ドル円をショートしました」と言ったら、

 

「ドルを円で売りました」ということです。

 

 

しかし、FXでは、あまり「買った」とか「売った」といった言葉は使いません。

 

その理由を説明すると、

 

例えば、

 

「ドル円を売りました」

 

と言ったとします。

 

これには、

  • ドル円を新規でショートポジションを取りました
  • または、

  • ドル円のロング(買い)ポジションを決済しました

の2つの意味が存在しますね。

 

FXで、「売った」とか「買った」という言葉を使うと、2つの意味があって、紛らわしいく、わかりにくいのです。

 

ですから、

 

「ドル円をショートしました」

 

「ドル円をロングしました」

 

「ドル円ショートを利確しました」

 

「ドル円ロングを損切しました」

 

というふうに、「ロング」や「ショート」の言葉を使うわけです。