FX用語 決済とは

FXの決済について説明します。

 

決済は、保有ポジションを、売り戻すか、買い戻すかして、ポジションを手放して、現金に変える(戻す)ことを言います。

 

保有ポジションがロングポジションであるならば、売り戻して、ポジションを手放すことで、現金に変えます。

 

保有ポジションがショートポジションであるならば、買い戻して、ポジションを手放すことで、現金に変えます。

 

 

例えば、ドル円のロングポジションを10,000通貨、保有していた場合、

 

そのドル円のロングポジションを決済した・・・ということは、

 

ドル円の保有ロングポジション10,000通貨を、売り戻したということです。

 

 

保有ポジションに含み益が出ているときに、決済を行うことを、利確(利益確定)と言い、

 

保有ポジションに含み損が出ているときに、決済を行うことを、損切と言います。

 

 

もし、口座資産が、10万円のときに、ドル円のロングポジションを10,000通貨、新規で保有し、

 

その保有ポジションに100円の含み益が出ているときに決済すれば、

 

口座資産は、10万円+100円で、10万100円となるわけです。

 

そして、このときは、100円の利益確定となります。

 

 

もし、口座資産が、10万円のときに、ドル円のロングポジションを10,000通貨、新規で保有し、

 

その保有ポジションに500円の含み損が出ているときに決済すれば、

 

口座資産は、100万円-500円で、99,500円となるわけです。

 

そして、このときは、500円の損切となります。

 

 

また、保有ポジションが複数あって、そのポジションを全て同時に決済することを全決済と言います。