FX用語 レバレッジとは

FXのレバレッジについて説明します。

 

レバレッジは、「てこ」の意味で、FXでは、少ない金額で大きな金額の取引を行うという意味で使われ、

 

レバレッジ2倍なら、本来なら、100万円の証拠金がないとできない取引を、50万円の証拠金で取引可能となるし、

 

レバレッジ10倍なら、本来なら、100万円の証拠金がないとできない取引を、10万円の証拠金で取引可能となります。

 

 

例えば、ドル円が1ドル=100円だとします。

 

取引単位が1通貨であるならば、レバレッジ1倍でドル円取引を行うためには、100円の証拠金が必要となります。

 

レバレッジ2倍で取引を行うためには、50円が必要となり、

 

レバレッジ10倍で取引を行うためには、10円が必要となります。

 

レバレッジ25倍なら、4円あれば、取引ができるということになります。

 

取引単位が1通貨のFX業者といえば、「SBIFXトレード」です。
FX業者「SBI FXトレード」 私のレビュー・評価

 

では、取引単位が10,000通貨のFX業者では、1ドル=100円のとき、ドル円の取引を行うとき、いくらの証拠金が必要になるでしょうか。

 

レバレッジ1倍で取引を行うためには、100円×10,000で、100万円の証拠金が必要となります。

 

レバレッジ2倍なら、50万円。

 

レバレッジ10倍なら、10万円。

 

レバレッジ25倍なら、4万円が必要となります。

 

取引単位が10,000通貨のFX業者といえば、「クリック証券」です。 取引高世界一のおすすめFX業者です。
FX業者「GMOクリック証券」 私のレビュー・評価

 

レバレッジをかけることの危険性を説明

レバレッジをかけなければ、ロングポジションを持っている場合は、ロスカットされる心配がありません。

 

(※ただし、マイナススワップによって、いつのまにか、証拠金が少しずつ減っていき、エントリー時はレバレッジをかけなかったが、いつのまにか、レバレッジ1倍を超えていたということがあるので、注意が必要です。)

 

逆に言うと、レバレッジをかけると、ロスカットされる可能性が出てくるということです。

 

つまり、負ける確率が発生します。

 

当然、レバレッジをかければかけるほど、負ける確率が上がります。

 

 

では、レバレッジをかければかけるほど、負ける確率が上がることについて説明します。

 

1ドル=100円のとき、レバレッジ1倍なら、100円逆行すると、ロスカットされます。

 

1ドル=0円以下・・・まで下がるなんてことはありえませんね。

 

ですから、レバレッジ1倍で抑えていれば、ロスカットされません。

 

 

1ドル=100円のとき、レバレッジ2倍でエントリーした場合、50円逆行するとロスカットされます。

 

レバレッジ10倍でエントリーした場合は、10円逆行でロスカットです。

 

レバレッジ20倍でエントリーした場合は、5円逆行でロスカットとなります。

 

 

つまり、レバレッジをかければかけるほど、自分が予想した方向とは逆に少しでも動くと、ロスカットされるというわけです。

 

 

FXで勝つためのレバレッジのかけ方

FXで勝つためには、上手いレバレッジのかけ方が必要です。

 

ロスカットが怖いからといって、1ドル=100円のときに、ドル円のロングポジションを10,000通貨だけ取るようにしても、

 

負けないけど、なかなか資産は増えていきません。

 

ですから、資産を増やすために、多少のリスクを冒しても、レバレッジをかけた方が良いというのが、FXの上手い人の考えになります。

 

 

では、どのくらいレバレッジをかけると良いのかを説明します。

 

よく、レバレッジは10倍程度が良いとか、5倍程度が良いとか、20倍程度が良いとか・・・

 

抽象的な大雑把な意見を耳にします。

 

 

しかし、このような抽象的な大雑把な意見は、理解できません。

 

FXの上手い人は、このような抽象的な大雑把な意見を言いません。

 

 

FXの上手い人は、論理的に正しいレバレッジのかけ方をします。

 

例えば、

 

現在、1ドル=120円のとき、MACDやRSIなどのテクニカル指標が、右下を向いていて、ショートポジションのエントリーを示している場合、

 

直近の高値が、1ドル=125円だった場合、その1ドル=125円の地点に、ストップ注文を入れ、ドル円のショートポジションを取ります。

 

つまり、5円逆行しても良い程度のレバレッジをかけるのです。

 

このような、レバレッジのかけ方が、上手いかけ方です。

 

 

ただ、上記の説明を読んだとしても、初心者の方にとっては、レバレッジのかけ方が難しいと思います。

 

そこで、クリック証券のFXネオ ロスカットシミュレーションを利用すると良いです。

 

下の画像は、クリック証券のFXネオ ロスカットシミュレーションの画像です。

クリック証券のFXネオ ロスカットシミュレーションの画像

※クリック証券のFXネオ ロスカットシミュレーションの画像です。

 

口座区分は、個人口座か、法人口座のどちらかを選択します。

 

初心者の方は、個人口座でしょうから、個人口座の方にチェックを入れます。

 

入金額には、FX口座にある金額を入力します。

 

通貨ペアは、自分が取引しようとしている通貨ペアを選択すれば良いのですが、レバレッジを調べるためであれば、どの通貨ペアを選んでも構いません。

 

取引数量(取引単位)は、任意の数字を入れていきます。

 

初心者の方は、色々な数字を入れて、シミュレーション結果を何度も出していきます。

 

そして、画面左下の追加証拠金発生レートが、決済レート(ストップ値)と、だいたい同じくらいのところを見つけます。

 

その、追加証拠金発生レートと、決済レートが大体同じくらいのレバレッジで取引を行うのが上手いやり方です。

 

 

上の例の場合、取引数量は10枚で、レバレッジ12倍でエントリーすると良いわけです。

 

この数量でエントリーして、もし負けたとしても、損失は限定されて、次の勝負

 

 

初心者の方は、レバレッジのかけ方や何枚でエントリーすれば良いのかが難しいと思うので、参考になさると良いでしょう。

 

ロスカットシミュレーションを利用できるクリック証券は、取引高世界一のFX業者。口座開設はクリック証券がおすすめ!
FX業者「GMOクリック証券」 私のレビュー・評価