何故FXで負けるのか

私の経験から分かった、FXで負ける理由を紹介します。

 

ハイレバ

 

FXは、レバレッジが高ければ高いほど、ロスカットされやすくなります。

 

つまり、レバレッジが高いと負けやすくなります。

 

 

逆の言い方をしますと、レバレッジが低ければ低いほど、ロスカットされにくくなります。

 

つまり、レバレッジが低いと負けにくくなります。

 

 

上昇トレンドに、ロングポジションを持っているからといって、絶対に勝てるというわけではありません。

 

上昇トレンドであっても、突如急落して、大きな下髭を付けてから、チャートが上昇していくことが、よくあります。

 

ですから、レバレッジが高いと、大きな下髭で、ロスカットさせられる可能性が高くなります。

 

レバレッジが低ければ、大きな下髭に耐えて、ロスカットされずに、上昇トレンドに乗って、含み益を増やせる可能性が高くなります。

 

 

ナンピン

 

ナンピンをしてしまうと、当然レバレッジが上がってしまいます。

 

ロスカットされやすくなります。

 

相場の格言に

 

「下手なナンピンすかんぴん」という、格言があります。

 

ナンピンをやると、勝率が良くなるのですが、

 

ナンピンをして、そのまま逆行すると、含み損が膨らむペースがナンピンで増やした枚数だけ早くなります。

 

つまり、ナンピンは、

 

小さく勝って、大きく負ける手法、つまり、コツコツドカンの手法なのです。

 

たまに、大きく負けたとしても、コツコツ稼いで、少しずつ資産が増えていくのであれば良いのですが、

 

大きく負けてしまうと、精神的にダメージを受けてしまって、コツコツ稼ぐことも上手くできなくなりがちです。

 

短時間で大きく負けると、コツコツと時間をかけて稼ぐことが面倒になってしまい、

 

ナンピンも、いい加減にやってしまって、コツコツ稼ぐことすら上手くいかなくなるのです。

 

早く取り戻そうとしてしまうからです。 この早く取り戻そうとしてしまう意思決定モデルをプロスペクト理論と言います。

 

 

損切できない

 

損切できないと、大きく負けることになりやすいです。

 

特に、ナンピンだけして、損切できないと、本当にロスカットが近くなります。

 

損切の意味は、「損」を「切る」という意味で、なるべく損を小さく抑えるということです。

 

逆張りナンピンをして、大きな損をだすのではなく、

 

損切をして、次のエントリーポイントを待つようにすることが、FXで資産を増やす近道になります。

 

まさに、急がば回れです。

 

 

プロスペクト理論

 

プロスペクト理論は、分かり易く言うと、

 

人間は、ギャンブルやトレードにおいて、負けてしまうと、それを取り返そうとする意志が働くというものです。

 

このプロスペクト理論によって、

 

パチンコで、何万円もハマってしまっても、やめられずに取り戻そうとして、ずっと打ち続けてしまったり、

 

FXで逆張りナンピンで、最大レバレッジまでかけて、損切した方が良いと分かっていながらも、なんとか「反転してくれ」と、神頼みのトレードになってしまったりするのです。

 

 

お金を増やそうという想いが強ければ強いほど、人間の意志はプロスペクト理論通りに動きやすくなります。

 

ですから、少し負けた時が要注意です。

 

 

少し含み損が増えても、ムキになって、逆張りナンピンしないで、損切して、しばらくトレードを休むようにしましょう。

 

 

スキャルピング

 

FXは、スリッページやスプレッドがあるため、短い時間のトレードであればあるほど、勝ちにくくなります。

 

短い時間のトレードだと1PIPSくらい抜く勝負になると思います。

 

自分が思った方向に1PIPS進んでも、

 

スプレッド0.3だとすると、0.7PIPSしか取れません。

 

逆に、自分が思った方向と逆に1PIPS進むと、

 

スプレッド0.3だと、1.3PIPSの負けとなります。

 

この勝負は、とても損です。

 

長い時間足で、100PIPSとか、大きく抜く勝負をすれば、0.3程度のスプレッドやスプレッドの影響は小さくなります。

 

長い時間足の勝負をおすすめします。

 

 

経験が浅いのに口座にお金を入れ過ぎている

 

FXの経験が浅いと、ハイレバじゃなくても、口座にお金を入れ過ぎていて、高額な取引を行うと、ヒヤヒヤして、自分のトレードができなくなりがちです。

 

プロスペクト理論もあるし、少し負けると、逆張りナンピンをしてしまい、いつのまにか、ハイレバになって、とんでもない含み損を抱えることになりやすいです。

 

精神的に落ち着いていられる金額のみを口座に入れて、トレードをするようにしましょう。

 

 

そもそも勝てる手法が確立できていない

 

そもそも、勝てる手法が確立できていないと、負けて当然です。

 

まさに2分の1、運否天賦の勝負をしているようでは、

 

まあ、最初は勝てても、そのうち負けます。

 

プロスペクト理論によって、逆張りナンピンして、大きく負けてしまいます。

 

 

 

以上、7つほど、FXで負ける理由を紹介しましたが、

 

なんといっても、プロスペクト理論が最大の敵です。

 

 

プロスペクト理論とは

 

FXなど、トレードをやるのであれば、絶対にプロスペクト理論を理解しておかなければなりません。

 

 

プロスペクト理論については、ウィキペディアに、わかりやすくまとめられています。

 

プロスペクト理論の元となった実験は、カーネマンが「一つだけの質問による心理学(psycology of single questions)」と呼ぶ手法による。この手法は、心理学者のウォルター・ミシェル(英語版)が用いた方法を参考にしたものである。

 

例えば、以下の二つの質問について考えてみよう。

 

 

質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

 

選択肢A:100万円が無条件で手に入る。

 

選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

 

 

質問2:あなたは200万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

 

選択肢A:無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。

 

選択肢B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

 

 

質問1は、どちらの選択肢も手に入る金額の期待値は100万円と同額である。にもかかわらず、一般的には、堅実性の高い「選択肢A」を選ぶ人の方が圧倒的に多いとされている。

 

質問2も両者の期待値は-100万円と同額である。安易に考えれば、質問1で「選択肢A」を選んだ人ならば、質問2でも堅実的な「選択肢A」を選ぶだろうと推測される。しかし、質問1で「選択肢A」を選んだほぼすべての者が、質問2ではギャンブル性の高い「選択肢B」を選ぶことが実証されている。

 

 

この一連の結果が意味することは、人間は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先し、損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向(損失回避性)があるということである。

 

質問1の場合は、「50%の確率で何も手に入らない」というリスクを回避し、「100%の確率で確実に100万円を手に入れよう」としていると考えられる。また、質問2の場合は、「100%の確率で確実に100万円を支払う」という損失を回避し、「50%の確率で支払いを免除されよう」としていると考えられる。

 

以上が、ウィキペディアに書いてある、プロスペクト理論の説明です。

 

 

人間は、損をすると、すぐにそれを取り返そうとする行動にでます。

 

 

その行動が、ギャンブル的なものであっても、そのギャンブルに懸けて勝負をしてしまうのです。

 

 

 

ですから、トレーダーとしてやるべきことは、プロスペクト理論における意思決定をやらないようにしなくてはいけないのです。

 

 

そうでなければ、ギャンブルトレードをやってしまい、最初のうちは勝つことがあっても、そのうち大敗します。

 

 

 

プロスペクト理論による意思決定に陥らないようにするには、どうしたら良いか。

 

 

私は、これを考えました。

 

 

その結果が、

 

 

低レバの中長期トレードです。

 

 

 

時間の短い勝負をしてしまうと、お金が増えるのも早いですが、当然、減るのも早いです。

 

 

すると、そのお金を取り戻そうとして、特にエントリーポイントでもないのに、ナンピンを連打してしまうのです。

 

 

要するに、ムキになってしまうのですね。

 

 

 

そして、一気に資産がなくなるのです。

 

 

 

まずは勝てる手法を確立しましょう。

 

そして、プロスペクト理論に影響されないトレードをやり続けることです。