FX用語 順張りとは

FXの順張りについて説明します。

 

順張りとは、逆張りと相反する意味の言葉で、

 

通貨ペアの価格が上がっているところで、新規ロングポジションを取る、

 

または、

 

通貨ペアの価格が下がっているところで、新規ショートポジションを取る、

 

といった売買手法のことを言います。

 

 

トレンドの出始め(初動)を狙って、順張りで新規ショートポジションを取るようにすると、大きく稼げる可能性が出てきます。

 

では、トレンドの出始めの初動で、新規ポジションを取る方法を紹介します。

 

下のチャートを見てください。
レンジブレイクを説明しているFXチャート

 

上の画像は、GMOクリック証券のプラチナチャートプラスの画像で、

 

ドル円の週足チャートです。

 

 

2本の白い線が引いてあるところが、トレンドがなく、チャートがほぼ真横に推移しているレンジ相場です。

 

そしてその後、

 

黄色の星マークのところで、ローソク足チャートが2本の線の範囲(レンジ)を上に抜けていますね。

 

この、ローソク足チャートが、しばらくレンジの価格帯で推移していたのに、そのレンジの価格帯から外れることを「レンジブレイク」と言います。

 

このレンジブレイクしたところが、順張りで新規ポジションを取る絶好のタイミングと言えます。

 

 

上の画像のチャートの場合、上にレンジブレイクしているので、新規ロングポジションを取るタイミングです。

 

逆に、下にレンジブレイクしていたのなら、新規ショートポジションを取るタイミングとなります。

 

 

もし、黄色の星マークのところで、新規ロングポジションを取ることができていたら、上の画像のチャートの場合、大勝できていましたね。

 

 

しかし、上にレンジブレイクしたと思ったら、上髭を付けて、そこからずっと下がっていくということもあるのが相場の世界です。

 

ですから、レンジブレイクを狙って順張りする手法が100%勝てるというものではありません。

 

とはいえ、レンジブレイクした後、相場が予想と反する動きしたら、すぐに損切するようにすれば、レンジブレイクで順張りする手法は、とてもFXで勝ちやすい手法であることは確かです。

 

 

ちなみに、レンジブレイクで順張りで新規ポジションを取らずに、

 

だいぶ上がってから、順張りで新規ロングポジションを取ると、どのような結果が予想されるでしょうか。

 

簡単ですね。

 

相場はずっと上がり続けるわけがありません。

 

いつかは反転して下がるものです。

 

ですから、だいぶ上がってから、新規ロングポジションを取ると、そこから反転してしまって、負けてしまうという可能性が高くなります。