金先物 ファンダメンタルズ分析 ニュースで読む今後の予想!

金チャート

 

 

 

 

貴金属市場は下落しての引け。金は大きな動きにはならなかったが、ドルの堅調地合いを眺め、上値を抑えられた。

 

終値は以下の通り。

 

NY金:1309.0(-0.8)

 

2018/5/25

 

 

 

貴金属市場は下落しての引け。ドルの上昇が嫌気され、金の上値は抑えられた。

 

終値は以下の通り。

 

NY金:1294.8(-2.6)

 

2018/5/23

 

 

 

貴金属市場は上昇しての引け。地政学的リスクの高まりなどが意識され、プラス圏で引けた。ただ、ダウがプラス圏に浮上する中で伸びを欠いた。

 

終値は以下の通り。

 

NY金:1312.7(7.1)

 

2018/5/3

 

 

貴金属市場は上昇しての推移。ドルは上昇しているが、株安などを眺めて底堅い動きが展開されている。

 

現状の水準は以下の通り。

 

NY金:1307.9(1.1)

 

↑2018/5/2

 

貴金属市場は大幅下落となって引け。ドルの上昇を眺め、金に対する売り圧力が強まった。

 

終値は以下の通り。

 

NY金:1306.8(-12.4)

 

↑2018/5/1

 

貴金属市場はマイナス圏での引け。ドルがプラス圏で推移していることを眺め、上値を抑えられた。

 

終値は以下の通り。

 

NY金:1319.2(-4.2)
NY銀:16.401(-0.096)
NYプラチナ:904.40(-12.00

 

↑2018/4/30のニュース

 

 

貴金属市場は金がしっかりとした動き。買戻しの動きがいされており、底堅い動きが展開されている。

 

現状の水準は以下の通り。

 

NY金:1322.8(4.9)

 

↑2018/4/27のニュース

 

 

貴金属市場は金がマイナス圏で引けた。ドルの上昇や、株価の上昇に伴うリスク志向の思惑が金の上値を抑えた。

 

終値は以下の通り。

 

NY金:1317.9(-4.9)

 

貴金属市場は軟調地合い。ドルの上昇を眺めて上値を抑えられている。

 

現状の水準は以下の通り。

 

NY金:1317.4(-5.4)

 

貴金属市場は大きく下落しての引け。ドル高を眺め、売り圧力が強まった。

 

終値は以下の通り。

 

NY金:1322.8(-10.2)
NY銀:16.577(-0.210)
NYプラチナ:912.70(-22.30)

 

貴金属市場は下落しての推移。ドルの上昇を眺め、上値の重い展開。

 

現状の水準は以下の通り。

 

NY金:1322.3(-10.7)
NY銀:16.600(-0.187)
NYプラチナ:915.50(-19.50)

 

↑2018/4/25のニュース

 

 

24日NY金先物相場(中心限月)は21:12現在、1オンス=1327.70ドルと3.70ドル(0.28%)高で取引されている。

 

貴金属市場は大幅上昇となって引け。リスク回避的な動きが強まったことや、ドル安を眺めて買い意欲が強まった。

 

終値は以下の通り。

 

NY金:1333.0(9.0)
NY銀:16.787(0.129)
NYプラチナ:935.00(12.60)


1000と333円で金の価格は覚えやすいですね。覚えることではないんだけど。
覚えておけば、いつか1333円の時があったなーと思うときがあるかもしれない。

 

↑2018/4/24のニュース