アルーンの使い方!FX テクニカルチャート分析

テクニカル指標(インジケーター)アルーンの使い方について説明します。

 

アルーンは、トレンドの方向と強さを示すテクニカル指標です。

 

0から100の数値上に、アルーンアップとアルーンダウンの2本の線が表示され、

 

アルーンアップが100に近づけば近づくほど、強い上昇トレンド、

 

アルーンダウンが100に近づけば近づくほど、強い下降トレンドであると判断します。

 

DMIと、とてもよく似ているテクニカル指標です。

 

では、実際のチャートを見てみましょう。

 

アルーンを表示させたFXチャート

 

上の画像は、クリック証券のプラチナチャートプラスの画像です。

 

上段に、ドル円の4時間足のローソク足チャート、

 

下段に、アルーンが表示されています。

 

 

白い四角で囲ったところを見てください。

 

長い時間、アルーンダウンが、アルーンアップより上の方、すなわち、100に近いところで推移しています。

 

これだけを見て、下降トレンドであると判断できます。

 

実際、ローソク足チャートは下がっていますね。

 

 

今度は、緑の四角で囲ったところを見てください。

 

結構長い時間、アルーンアップが、アルーンダウンより上の方で、100に近いところで推移しています。

 

これは、上昇トレンドであると判断できます。

 

実際、ローソク足チャートは上がっていますね。

 

 

アルーンを使って売買をするなら、決済(利確や損切)ポイントの判断として利用ができます。

 

すなわち、

 

ショートポジションを持っている時に、アルーンダウンが上から下に下がって、アルーンアップが下から上に上がって、2線が交差したところが、ショートポジションの決済ポイントとなり、

 

ロングポジションを持っている時に、アルーンアップが上から下に下がって、アルーンダウンが下から上に上がって、2線が交差したところが、ロングポジションの決済ポイントとなります。

 

下の画像の、白いマル印のところが、ショートポジションの決済ポイントとなり、

 

緑のマル印のところが、ロングポジションの決済ポイントとなります。

 

アルーンを表示させたFXチャート2

 

アルーンの2線が交差したポイントは、決済ポイントとして利用することは、おすすめできますが、

 

エントリーポイントとして利用することは、避けた方が無難です。

 

上の画像を見てもお分かりだと思いますが、アルーンの2線が交差するポイントがたくさんあります。

 

だから、

 

アルーンアップが下がり、アルーンダウンが上がって交差したところでショートでエントリーし、

 

アルーンダウンが下がり、アルーンアップが上がって交差したところでロングでエントリーを繰り返していては、

 

損切貧乏になってしまいます。

 

ですので、アルーンの2線が交差したところのみを使ってエントリーするのは、やめた方が良いです。

 

アルーンの2線が交差したところは、エントリーポイントになりえますが、

 

必ず、他のテクニカル指標も併用するなりして、エントリーポイントを厳選するようにしましょう。

 

 

アルーンの使い方 まとめ

  • アルーンの2線が交差したところは、ポジションの決済ポイント
  • アルーンの2線が交差したところは、エントリーポイントになりえるが、アルーンのみを使ってエントリーすることはやめた方が良い。ほかのテクニカル指標を併用するなりしてエントリーポイントを厳選すること

アルーンが使用可能の、クリック証券のプラチナチャートプラスの紹介

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単にアルーンをチャートに入れることができます。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。