CCIの使い方!FX テクニカルチャート分析

テクニカル指標(インジケーター)CCIの使い方について説明します。

 

基本的にCCIは、売られすぎ買われすぎを判断することに使われることが多く、

 

100%を上から下に抜けたらショートのエントリーサイン、

 

-100%を下から上に抜けたらロングのエントリーサインとして使われます。

 

このようなCCIの使い方は、トレンドが発生していない、レンジ相場の時に有効です。

 

CCIを表示させたFXチャート

 

上の画像は、クリック証券のプラチナチャートプラスの画像です。

 

上段に、ドル円の4時間足のローソク足チャートに、ボリンジャーバンドを表示させています。

 

下段は、CCIが表示されています。

 

 

白いマル印のところに注目してください。

 

CCIが100を超えてから上から下に向かって下がっているところです。

 

ここは、ショートのエントリーサインとなります。

 

この後、ローソク足で示されている実際の相場が、下がっているのが分かります。

 

 

今度は、オレンジ色のマル印のところに注目してください。

 

CCIが-100を下回ってから、下から上に向かって上がっているところです。

 

ここは、ロングのエントリーサインとなります。

 

この後、ローソク足で示されている実際の相場が、上がっているのが分かります。

 

 

これがCCIの使い方の一つです。

 

この使い方は、トレンドが発生していないときに有効ですので、ボリンジャーバンドが収束しているときに使うと良いです。

 

ボリンジャーバンドも一緒に表示させた理由が、このためなのです。

 

 

もう一つのCCIの使い方を紹介します。

 

この使い方は、トレンドが発生しているときに有効ですので、ボリンジャーバンドが拡がっているときに使うと良いです。

 

では、実際のチャートで、その使い方を説明しましょう。

 

CCIを表示させたFXチャート2

 

実は、CCIは・・・

 

上昇トレンドのときは、0より上で推移し、

 

下降トレンドのときは、0より下で推移します。

 

黄色の星マークのところは、CCIが0のところで下に向かっています。

 

また、ボリンジャーバンドが拡大され、ボリンジャーバンドの中央の移動平均線が下を向いているため、下降トレンドであることがわかります。

 

ですから、ショートエントリーサインとなります。

 

 

今度は、緑の星マークのところを注目してください。

 

完全に0より上にCCIが向かっています。

 

このことによって、下降トレンドの終わり(一時的かもしれないが)を確認することができるのです。

 

 

CCIの使い方 まとめ

  • トレンドが発生していない時は、100を上から下に抜けたらショートのエントリーサインで、-100を下から上に抜けたらロングのエントリーサイン。
  • トレンドが発生している時は、下降トレンドの時は、CCIが0付近から下がったらショートのエントリーサイン、上昇トレンドの時は、CCIが0付近から上がったらロングのエントリーサイン。
  • 上昇トレンドのとき、CCIが0より下に大きく抜けたら(一時的かもしれないが)上昇トレンドの終わりのサイン。 下降トレンドのとき、CCIが0より上に大きく抜けたら(一時的かもしれないが)下降トレンドの終わりのサイン
  • トレンドが出ているのか、出ていないのかが分かりやすいので、ボリンジャーバンドを併用することがおすすめ!

CCIが使用可能の、クリック証券のプラチナチャートプラスの紹介

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単にCCIをチャートに入れることができます。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。