パラボリックの使い方!FX テクニカルチャート分析

テクニカル指標(インジケーター)パラボリックの使い方について説明します。

 

パラボリックは、トレンドの転換を判断するのに使われるテクニカル指標です。

 

SARと呼ばれるドットをレートに沿って描いて使用します。

 

明確なトレンドが持続する場合に有効なテクニカル指標で、

 

明確なトレンドがない場合(横横相場)は、利用しにくいところがあります。

 

 

では、実際のチャートでパラボリックに使い方を説明していきます。

 

パラボリックを表示させたFXチャート

 

上の画像は、クリック証券のプラチナチャートプラスの画像です。

 

ドル円の1分足チャートに、パラボリックを表示させています。

 

上昇トレンドのところに、赤いドットが表示され、

 

下降トレンドのところに、黄色のドットが表示されています。

 

 

ですから、

 

上昇トレンドの始まりを示す、赤いドットが一つ出たときが、

 

ロングのエントリーサイン、または、ショートポジションの決済サインとなり、

 

また、

 

下降トレンドの始まりを示す、黄色いドットが一つ出たときが、

 

ショートのエントリーサイン、または、ロングポジションの決済サインとなります。

 

しかし、もう一度、上の画像で確認してほしいところがあります。

 

パラボリックを表示させたFXチャート2

 

白い四角で囲ったところは、下降トレンドの始まりを示す、黄色いドットが一つ出たところです。

 

が、長い陰線となっていて、このローソク足が決まってから、白い星マークあたりで、ショートでエントリーすると、

 

見事に逆行してしまって、損切をさせられるハメになってしまいます。

 

 

ですから、

 

上昇トレンドの始まりを示す、赤いドットが一つ出たとき、ロングでエントリーしたり、下降トレンドの始まりを示す、黄色いドットが一つ出たとき、ショートでエントリーするという手法は、結構うまくいきません。

 

いや、上手くいくのですが、あることを重ねて利用する必要があります。

 

この記事を読んでくれた人に特別に、教えちゃいます。

 

 

それは、

 

長い時間足のパラボリックで、上昇トレンドを示す赤いドットが表示されていたら、

 

短い時間足のパラボリックで、上昇トレンドを示す赤いドットが一つ表示されたときに、ロングでエントリーする。 そして、下降トレンドを示す黄色いドットが一つ表示されたときに、ロングポジションを決済する。

 

という手法です。

 

当然、逆に、長い時間足で下降トレンドを示していたら、短い時間足で下降トレンドを示す黄色のドットが一つ表示されたときに、ショートでエントリーし、上昇トレンドを示す赤のドットが一つ表示されたときに、ショートポジションを決済するということになります。

 

 

では、次のチャートを見てください。

 

パラボリックを表示させたFXチャート

 

これは、ドル円の10分足チャートに、パラボリックを表示させたFXチャートなのですが、

 

実は、先ほどの1分足チャートと同じ時間のところを表示させています。

 

 

10分足チャートで、赤のドットが表示されていて、上昇トレンドを示しているので、

 

1分足チャートでは、赤のドットが一つ表示されたときに、ロングでエントリーし、黄色のドットが一つ表示されたときにロングポジションを決済するようにすれば、勝ちまくれることが、

 

先ほどの1分足チャートを見て、お分かりになると思います。

 

 

パラボリックの使い方 まとめ

  • 1. まず長い時間足のチャートでトレンドの方向を確認する
  • 2. 長い時間足が上昇トレンドなら、短い時間足で上昇トレンドを示すドットが一つでたら、ロングでエントリー、下降トレンドを示すドットが一つ出たらロングポジションを決済する
  • 2’. 長い時間足が下降トレンドなら、短い時間足で下降トレンドを示すドットが一つでたら、ショートでエントリー、上昇トレンドを示すドットが一つ出たらショートポジションを決済する

パラボリックが使用可能の、クリック証券のプラチナチャートプラスの紹介

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単にパラボリックをチャートに入れることができます。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。