ポイント&フィギュアの使い方!FX テクニカルチャート分析

テクニカル指標(インジケーター)ポイント&フィギュアの使い方について説明します。

 

レートの上昇を×印で表し、レートの下降を〇印で表します。

 

例えば、

 

きれいなペナントの形を形成していたのに、ペナント形が崩れて、

 

上に×印が抜けたら、ロングのエントリーサイン、

 

下に〇印が抜けたら、ショートのエントリーサインになったりします。

 

他には、

 

底堅い形をしていたのに、下に〇印が抜けたら、

 

ショートのエントリーサインになったりします。

 

 

説明文を読んでも、まったく理解できないでしょうから、実際のチャートを使って説明します。

 

ポイント&フィギュアを表示させたFXチャート

 

上の画像は、クリック証券のプラチナチャートプラスの画像です。

 

上段が、ドル円の4時間足のローソク足チャート、

 

下段が、ポイント&フィギュアです。

 

ポイント&フィギュアの、

 

〇印は、赤い色で表示されていて、

 

×印は、黄色い色で表示されています。

 

 

白い星マークのところに注目してください。

 

ポイント&フィギュアが、横横したあと、赤の〇印が下に抜けているのがわかりますね。

 

これは、ショートのエントリーサインです。

 

上段に表示されている、実際のローソク足チャートも、下に下がっていて、下降トレンドであることがわかります。

 

 

次に赤の三角マークのところに注目してください。

 

ポイント&フィギュアが、横横したあと、赤の〇印が下に抜けているのがわかりますね。

 

ですから、ここもショートのエントリーサインなのですが、

 

次のポイント&フィギュアでは、赤の〇印が下に抜けた分を、黄色の×印で全部上に戻していますね。(全戻し)

 

ですから、黄色の×印で上に戻したところは、ショートポジションの決済サイン(利確・損切ポイント)となります。

 

 

最後に、緑の五角形のところに注目してください。

 

ポイント&フィギュアが、横横したあと、黄色の×印が上に抜けているのがわかりますね。

 

ですから、ここはロングのエントリーサインとなります。

 

実際のローソク足チャートも、上に上がっていて、上昇トレンドであることがわかります。

 

 

ポイント&フィギュアの使い方 まとめ

  • 横横していて、×印が上に抜けたら、ロングのエントリーサイン。〇印が下に抜けたら、ショートのエントリーサイン。
  • 横横の後、×印が上に抜けたり、〇印が下に抜けたりしたけど、次のポイント&フィギュアが全戻ししたら、決済(損切・利確)サイン。

ポイント&フィギュアが使用可能の、クリック証券のプラチナチャートプラスの紹介

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単にポイント&フィギュアをチャートに入れることができます。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。