カギ足の使い方!FX テクニカルチャート分析

テクニカル指標(インジケーター)カギ足の使い方について説明します。

 

カギ足は、値幅足とも呼ばれ、価格推移を1本の線で示します。

 

一般的な売買パターンは、一段抜きを、

 

上にしていたら、ロングのエントリーサイン、

 

下にしていたら、ショートのエントリーサイン、

 

となりますが、これだけでは、初心者の方には、まったく理解できないでしょうから、実際のチャートで説明します。

 

カギ足を表示させたFXチャート

 

上の図は、クリック証券のプラチナチャートプラスのFXチャートです。

 

上段に、ドル円の4時間のローソク足チャート、

 

下段に、カギ足が表示されています。

 

 

カギ足について説明するために、上のカギ足を表示させたチャートの画像に、AとかBとかの印を付けたので、下の画像を見てください。

 

カギ足を表示させたFXチャート2

 

まず、カギ足が平行のラインになっているAのラインとBのラインの高さを比べてください。

 

AよりもBの方が低いことが分かります。

 

これは、ショートでエントリーを狙う合図です。

 

 

そして、カギ足が平行のラインになっているCのラインに注目します。

 

そのCのラインを垂直に下に抜けた、Dのポイント(黄色の星マークのところ)が、ショートのエントリーサインとなります。

 

 

今度は、カギ足が平行のラインになっているEのラインとFのラインの高さを比べてください。

 

EよりもFの方が高いです。

 

ですから、ロングでエントリーを狙う合図となります。

 

 

そして、カギ足が平行のラインになっているGのラインに注目します。

 

そのGのラインを垂直に上に抜けた、Hのポイント(緑色の星マークのところ)が、ロングのエントリーサインとなります。

 

 

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ロングでエントリーを狙うときは、カギ足が、赤い色(陽)で表示され、

 

ショートでエントリーを狙うときは、カギ足が、青い色(陰)で表示されるため、

 

とても分かりやすいです。

カギ足が使用可能の、クリック証券のプラチナチャートプラスの紹介

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単にカギ足をチャートに入れることができます。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。