新値足の使い方!FX テクニカルチャート分析

テクニカル指標(インジケーター)新値足の使い方について説明します。

 

新値足は、パラメータを新値3本足というものにするのが一般的で、

 

直近3本で高値または安値が更新された際に陽転、陰転の足が追加されるというものです。

 

陰線から陽線に変わったときが買いのエントリーサインで、

 

陽線から陰線に変わったときが売りのエントリーサインとなります。

 

 

では、実際のチャートを見てみましょう。

 

新値足を表示させたFXチャート

 

上の画像は、クリック証券のプラチナチャートプラスの画像です。

 

上段に、ドル円の4時間のローソク足チャート、

 

下段に、新値足が表示されています。

 

 

新値足を見ていただくと、お分かりになると思いますが、

 

新値足は、

 

陽線が出たらしばらく陽線が続き、

 

陰線が出たらしばらく陰線が続きます。

 

 

ですから、

 

陰線から陽線に変わったときが買いのエントリーサインで、

 

陽線から陰線に変わったときが売りのエントリーサインとなるわけです。

 

 

平均足も併用して使うと、さらに勝ちやすくなることでしょう。

新値足が使用可能の、クリック証券のプラチナチャートプラスの紹介

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単に新値足をチャートに入れることができます。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。