平均足の使い方!FX テクニカルチャート分析

テクニカル指標(インジケーター)平均足の使い方について説明します。

 

平均足は、値動きのブレを排除してトレンドをわかりやすく捉えられるように、ローソク足に修正を加えたテクニカル指標です。

 

ですから、平均足はローソク足で表示され、

 

四本値、すなわち、始値(OPEN)、高値(HIGH)、安値(LOW)、終値(CLOSE)が描画されます。

 

 

平均足は、

 

陽線が続いた後、長い上髭が出ると、上昇トレンドから下降トレンドへのトレンド変換

 

陰線が続いた後、長い下髭が出ると、下降トレンドから上昇トレンドへのトレンド返還

 

になりやすいです。

 

 

また、平均足は、

  • 陽線が出たら、その後、数本続けて陽線が出続ける
  • 陰線が出たら、その後、数本続けて陰線が出続ける

という性質があります。

 

ですから、

  • 陽線が1本出たら、ロングのエントリーサイン
  • 陰線が1本出たら、ショートのエントリーサイン

という使い方もできます。

 

 

では、実際のチャートを見てみましょう。

 

平均足を表示させたFXチャート

 

上の画像は、クリック証券のプラチナチャートプラスの画像です。

 

上段が、ドル円の4時間のローソク足チャート、

 

下段が、平均足を表示させています。

 

 

平均足を見て、お分かりになると思いますが、

 

陽線が続けて数本続いた後、陰線が続けて数本出る・・・

 

といったきれいなチャートになっていますね。

 

もちろん、陰線が続いた後、1本だけ陽線が出て、またすぐに陰線が出るといったこともありますが、

 

平均足は、陽線が続けて数本続いた後、陰線が続けて数本出る・・・

 

といったきれいなチャートになりやすいです。

 

 

ですから、陰線が1本出たときにショートでエントリー

 

陽線が1本出たときにロングでエントリーするようにすると、勝ちやすいです。

 

 

新値足も併用して使うと、さらに勝ちやすくなることでしょう。

平均足が使用可能の、クリック証券のプラチナチャートプラスの紹介

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単に平均足をチャートに入れることができます。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。