移動平均線乖離率の使い方!FX テクニカルチャート分析

テクニカル指標(インジケーター)移動平均線乖離率の使い方について説明します。

 

移動平均線乖離率は、移動平均からレートの離れ具合をグラフ化し、確認しやすくしたものです。

 

では、実際のチャートの移動平均線乖離率を見てみましょう。

 

移動平均線乖離率を表示させたFXチャート

 

上の画像は、「クリック証券」の「プラチナチャートプラス」の画像です。

 

上段に、ローソク足チャートと、期間5日と25日と75日のMA(単純移動平均線)を表示させて、

 

下段に、移動平均線乖離率を表示させています。

 

 

下段の、移動平均線乖離率の、赤の棒グラフは「乖離幅(陽)」で、

 

0より上にあるときは、ひとつ前より、乖離幅が広がった場合、

 

0より下にあるときは、ひとつ前より、乖離幅が狭まった場合に、表示されます。

 

 

また、移動平均線乖離率の、黄色の棒グラフは「乖離幅(陰)」で、

 

0より上にあるときは、ひとつ前より、乖離幅が狭まった場合、

 

0より下にあるときは、ひとつ前より、乖離幅が広がった場合に、表示されます。

 

 

薄紫の乖離率は、折れ線グラフになっていて、一つ一つの乖離率を線でつないでいます。

 

 

ここで、上段のMA、とくに5MAと25MAと、

 

下段の乖離率の折れ線グラフを見比べてもらいたいです。

 

だいたい、同じような形をしていると思いませんか。

 

 

5MAが25MAをゴールデンクロスした後、上に上がっていったとき、

 

乖離率の方は、真ん中の0を上に超えて上がっていきます。

 

また、

 

5MAが25MAをデッドグロスし、下にさがっていったとき、

 

乖離率の方は、真ん中の0を下に超えて下がっていきます。

 

 

この2者がとてもよく似ている。

 

ということは、MAか乖離率のどちらかを見れば良いということになってきます。

 

正直、乖離率は見る必要ない。MAだけ見れば十分かなと思います。

 

 

どうしても移動平均線乖離率を使いたいというのであれば、

 

0より上に出たときロングポジションを取る、あるいは、ショートポジションを決済する。

 

0より下にでたときショートポジションを取る、あるいは、ロングポジションを決済する。

 

ということになってきますが、あまりこのような使われ方はされていません。

 

MAのゴールデンクロスや、デッドクロスのサインのほうが分かりやすいですから。

 

 

移動平均線乖離率は、相場の過熱感を見るために使うくらいでしょうか。

 

乖離率が、0より大きく離れていればいるほど、強いトレンドが発生していると言えます。

 

それを知るために使うことはできるかなと思います。

移動平均線乖離率が使用可能の、クリック証券のプラチナチャートプラスの紹介

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単に移動平均線乖離率をチャートに入れることができます。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。