ボリンジャーバンドの使い方!FX テクニカルチャート分析

テクニカル指標(インジケーター)ボリンジャーバンドの使い方について説明します。

 

ボリンジャーバンドは、単純移動平均線を中心にして、

  • 1標準偏差1σのバンド
  • 2標準偏差2σのバンド
  • 3標準偏差3σのバンド

を上下に表示したものです。

 

1σのバンド内には、68.26%の確率でローソク足(通貨ペアの価格)が収まり、

 

2σのバンド内には、95.44%の確率でローソク足(通貨ペアの価格)が収まり、

 

3σのバンド内には、99.73%の確率で、ローソク足(通貨ペアの価格)が収まるとされています。

 

 

ボリンジャーバンドの使い方としましては、

 

2σにタッチしたら、逆張りのポジションを入れるというのが、有名です。

 

 

では、実際のチャートで、エントリーポイントを確認してみましょう。
ボリンジャーバンドの2σでローソク足が跳ね返されているところを示したFXチャート

 

上の画像は、「クリック証券」の「プラチナチャートプラス」の画像で、

 

ドル円の週足チャートに、ボリンジャーバンドを表示させています。

 

 

そして、2σで跳ね返されているところに、白い丸印がついています。

 

 

このように、ボリンジャーバンドの2σでは、高確率でローソク足(通貨ペアの価格)が跳ね返されるので、

 

ボリンジャーバンド2σタッチで、逆張りのポジションをとれば、高確率で、FXで勝つことができます。

 

 

しかし、100%勝てるわけではありません。

 

下のチャートの画像の白い四角で囲ったところに、注目しましょう。
ボリンジャーバンドの2σでローソク足が跳ね返されなかったことを示したFXチャート

 

ローソク足がボリンジャーバンドの-2σにタッチしたあと、

 

跳ね返されずに、そのまま下に下がっています。

 

 

このようなことがあるので、ボリンジャーバンド2σタッチで逆張りをする場合は、

 

ボリンジャーバンド3σタッチで、必ず損切をするといった、損切ルールを明確化することが大切です。

 

 

 

さて、ボリンジャーバンドの使い方としては、バンドが拡大しているときに順張りをするというのもあります。

 

ボリンジャーバンドが拡大しているFXチャート

 

このチャートは、ドル円の月足チャートです。

 

御覧のとおり、ローソク足チャートが、ぐいぐい上に上がっていて、

 

ボリンジャーバンドの3σも、どんどん上に引き上げられています。

 

このようなときは、当然、順張りロングをしたほうが良いです。

 

 

ただ、ボリンジャーバンドだけをみて、2σタッチで逆張りをしたほうが良いのか、

 

順張りをしたほうが良いのかの判断は難しいです。

 

 

ですから、DMIMACDなども見て、

 

ボリンジャーバンドで順張りするべきか、逆張りをするべきかを決めるようにしましょう。

 

 

いくつかのテクニカル指標をみてトレードしたほうが、FXの勝率は上がります。

 

 

ボリンジャーバンドの使い方 まとめ

 

  • 2σタッチで逆張りをすれば、高確率で勝てる。
  •  

  • 2σタッチで逆張りをする場合、3σタッチで損切をするなど、損切ルールを徹底することが大切。
  •  

  • 3σが拡がっているときは、順張りのサイン。
  •  

  • 逆張りしたほうが良いのか、順張りしたほうが良いのかは、DMIやMACDなどの他のテクニカル指標も参考にしたほうが良い。

ボリンジャーバンドが使用可能の、クリック証券のプラチナチャートプラスの紹介

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単にボリンジャーバンドをチャートに入れることができます。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。