エンベローブの使い方!FX テクニカルチャート分析

テクニカル指標(インジケーター)エンベローブの使い方について説明します。

 

エンベローブは、移動平均線から一定の乖離線を引いたものです。

 

 

エンベローブの下限バンドに近づくと、買いサイン、

 

上限バンドに近づくと、売りサイン、

 

ということにはなりますが、

 

この手法は、レンジ相場でないと上手くいきません。

 

 

では、エンベローブを表示させた実際のFXチャートを見てみましょう。
エンベローブを表示させたFXチャート

 

 

上のチャート画像は、「クリック証券」の「プラチナチャートプラス」の画像で、

 

ドル円の月足チャートに、エンベローブを表示させています。

 

 

ローソク足のほとんどが、エンベローブから出てしまっていますね。

 

 

これでは、エンベローブの下限でロングポジションをとるとか、

 

上限でショートポジションを取るとか、

 

そのようなことができません。

 

 

強いトレンドが出ているときは、ローソク足がエンベローブから出てしまうので、

 

エンベローブの売買サインを利用したトレードはできないのです。

 

 

 

では、違うチャートを見てみましょう。
エンベローブを表示させたFXチャート2

 

今度のFXチャートの画像は、

 

ドル円の週足チャートです。

 

このチャートなら、エンベローブを利用できそうです。

 

 

ちょうど、白い丸をつけた、エンベローブの上限付近に、ローソク足がきています。

 

ですから、エンベローブに従ってポジションを取るなら、

 

ショートポジションを取るタイミングです。

 

 

損切ポイントは、エンベローブの上限の線を上抜けしてしまったら、即損切です。

 

利確は、エンベローブの下限付近ですればよいでしょう。

 

 

 

では、もうひとつ、別のチャートを見ておきましょう。
エンベローブを表示させたFXチャート3

 

今度のFXチャートの画像は、

 

ドル円の日足チャートです。

 

白い四角で囲ったところを見てください。

 

エンベローブの上側の黄色いラインにタッチしたローソク足が、

 

上髭をつけて下がってきています。

 

ここでは、エンベローブの上側の黄色い線が、直近の天井と判断し、ショートポジションを取ると良いと思います。

 

そして、エンベローブの上側の黄色いラインをローソク足が上抜けしたら、必ず損切です。

 

利確は、エンベローブの下限に近付いたらすると良いでしょう。

 

 

エンベローブの使い方 まとめ

 

  • エンベローブの上限近くが売りサイン、下限近くが買いサイン。
  •  

  • 天井や底だと思ったエンベローブのラインをローソク足が逆行したら、必ず損切する。
  •  

  • 強いトレンドが出ているときは、エンベローブは機能しない。

エンベローブの使い方!FX テクニカルチャート分析

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単にエンベローブをチャートに入れることができます。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。