ROCの使い方!FX テクニカルチャート分析

テクニカル指標(インジケーター)ROCの使い方について説明します。

 

 

ROCは、中心線の100より上にあるならば、強気相場、

 

100より下にあるならば、弱気相場と判断します。

 

 

もし、ROCだけに頼って、エントリーポイントを探すなら、

  • 100を超えて上に上がってきたときをロングポジションエントリー。
  • 100を下回って、下がっていくところをショートポジションエントリー。
  • 100をだいぶ超えたところにあって、徐々に100の近くまで下がってきたが、100を下回らずに上に折り返したところをロングポジションエントリー。
  • 100よりだいぶ下にあって、徐々に100の近くまで上がってきたが、100を上回らずに下に折り返したところをロングポジションエントリー。

 

といった使い方になると思います。

 

ただ、ROCだけに頼ってエントリーポイントを探すのは、よくないです。

 

テクニカル指標はROCだけではありません。

 

FXで勝つために、使えるテクニカル指標はなんでも使った方が良いです。

 

 

では、実際のチャートを見て、ROCを使ったエントリーポイントをみてみましょう。

 

ROCのエントリーポイントを示したFXチャート

 

上の画像は、「クリック証券」の「プラチナチャートプラス」の画像です。

 

上段に、ドル円の月足のローソク足チャート、

 

下段に、ROCが表示されています。

 

 

白い丸で囲ったところが、

 

ROCが100を超えて、上に上がってきたところで、ロングポジションのエントリーポイントといえるところです。

 

 

白い丸で囲ったところで、ロングポジションをエントリーすれば、大勝できていますね。

 

 

では、続いて、白い丸で囲ったところでロングポジションを取ったとして、

 

ROCに頼って利確ポイントを見つけるならどこになるかを説明します。
ROCの利確を示したFXチャート

 

ROCがさがってきたところが利確ポイントとなるので、

 

オレンジの丸で囲ったところが、理想的な利確ポイントとなります。

 

 

ですが、「だまし」があるので、おそらくオレンジの丸のところで利確できずに、

 

もっと早いところで利確させられてしまう可能性が高いです。
ROCのだましで、利益を伸ばせず利確させられてしまう可能性が高い説明をしたチャート

 

オレンジの矢印のところで、ROCが下がっているので、

 

もし、ROCだけに頼って利確ポイントを探していたのであれば、

 

このポイントで利確させられてしまうことでしょう。

 

 

では、次のエントリーポイントはどこになるのか、見ていきましょう。
ROCのエントリーポイントと利確ポイントを示したFXチャート

 

黄色の丸で囲ったところが、

 

「100をだいぶ超えたところにあって、徐々に100の近くまで下がってきたが、100を下回らずに上に折り返したところ」で、ロングポジションのエントリーポイントです。

 

そして、

 

黄色の四角で囲ったところが、

 

ROCが下がってきているところで、ロングポジションの利確ポイントとなります。

 

 

次のエントリーポイントを見つけましょう
ROCのエントリーポイントと利確ポイントを示したFXチャート2

 

上の画像の、緑の丸印のとことが、

 

100を下回って、下がっていくところですのえ、

 

ショートポジションのエントリーポイントです。

 

 

そして、緑の四角で囲ったところが、

 

ROCが上に向かって上がっているところですので、

 

ショートポジションの利確ポイントとなります。

 

 

 

では、次のエントリーポイントを見てみましょう。
ROCのエントリーポイントと利確ポイントを示したFXチャート3

 

上の画像の赤い丸で囲ったところは、

 

100を超えて上に上がってきたところですので、

 

ロングポジションのエントリーポイントとなります。

 

 

しかし、上段のローソク足チャートを見れば、お分かりの通り、相場は上がっていません。

 

 

相場は上がらないまま、ROCは下を向いてしまいました。

 

赤の四角で囲ったところです。

 

 

この場合は、損切をすることになります。

 

 

トレンドが発生している状況では、ROCを使った売買方法で勝ちやすいですが、

 

トレンドがない状況では、ROCを使った売買方法は、上手くいかないことが多いです。

 

 

ですから、ADXでトレンドの有無を確認してから、ROCを使ってトレードをするなど、

 

他のテクニカル指標と組み合わせることが、

 

勝率を上げる方法になります。

 

 

DMIが、ADXも表示されて、どちらの方向にトレンドが発生しているのかもわかるので、

 

ROCと併用するならDMIが、おすすめです。

 

 

ROCの使い方 まとめ

 

  • 100を超えて上に上がってきたときをロングポジションエントリー。
  • 100を下回って、下がっていくところをショートポジションエントリー。
  • 100をだいぶ超えたところにあって、徐々に100の近くまで下がってきたが、100を下回らずに上に折り返したところをロングポジションエントリー。
  • 100よりだいぶ下にあって、徐々に100の近くまで上がってきたが、100を上回らずに下に折り返したところをロングポジションエントリー。
  •  

  • DMIと併用して使うのがおすすめ

ROCが使用可能の、クリック証券のプラチナチャートプラスの紹介

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単にROCをチャートに入れることができます。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。