サイコロジカルラインの使い方!FX テクニカルチャート分析

テクニカル指標(インジケーター)サイコロジカルラインの使い方について説明します。

 

 

サイコロジカルラインは心理的な加熱度を測るテクニカル指標です。

 

75%以上が買われすぎ、

 

25%以下が売られすぎ、

 

を示すといわれています。

 

 

ですから、サイコロジカルラインの使い方としましては、

 

75%以上にあって、下向きになったら、ショートのエントリーサイン

 

25%以下にあって、上向きになったら、ロングのエントリーサイン

 

となります。

 

 

では、実際のチャートで説明します。
サイコロジカルラインを表示させたFXチャート

 

上の画像は「クリック証券」の「プラチナチャートプラス」の画像です。

 

上段が、ドル円の月足のローソク足チャート。

 

下段が、テクニカル指標「サイコロジカルライン」です。

 

 

サイコロジカルラインのショートポジションのエントリーサインである、

 

75%以上にあって、下向きであるところがありますね。
サイコロジカルラインのショートポジションのエントリーサインを示したFXチャート

 

上の画像の白い丸で囲ったところがそうです。

 

 

上の画像の通り、

 

サイコロジカルラインが、75%以上にあって、下向きになった後、

 

相場が下がる場合と、下がらない場合があります。

 

まあ、どのテクニカル指標も、100%勝てるというわけではないので、

 

それは当然なのですが・・・

 

 

私はこの、サイコロジカルラインを使うことはおすすめしません。

 

はっきりいって、わかりにくいです。

 

 

RSIなどのほうが、ずっと優秀だと思うので、そちらを使うと良いでしょう。

 

 

サイコロジカルラインの使い方 まとめ

 

  • 75%以上にあって、下向きになったら、ショートのエントリーサイン
  • 25%以下にあって、下向きになったら、ショートのエントリーサイン

 

わかりにくいテクニカル指標ですので、使わない方が良いと思います。