ストキャスティクスの使い方!FX テクニカルチャート分析

テクニカル指標(インジケーター)ストキャスティクスの使い方について説明します。

 

ストキャスティクスは、売られすぎや買われすぎを判断する際に使う、テクニカル指標です。

 

ストキャスティクスには、

  • %K
  • %D
  • Slow%D

の3種類あります。

 

ストキャスティクス%Dの動きを見るのが基本となります。

 

 

ストキャスティクス%Kは、最も相場の動きに敏感に反応し、

 

ストキャスティクス%Dよりも、先行して動きます。

 

ストキャスティクス%Kとストキャスティクス%Dの乖離を見て、逆張りする使い方もあります。

 

 

ストキャスティクスSlow%Dは、ストキャスティクス%Dよりも少し遅れて動きます。

 

ストキャスティクス%Dのシグナルとして使われ、

 

20%以下で、ストキャスティクスSlow%Dをストキャスティクス%Dがゴールデンクロスすると、買いサイン、

 

80%以上で、ストキャスティクスSlow%Dをストキャスティクス%Dがデッドクロスすると、売りサインとなります。

 

 

実際のチャートを見てみましょう。
ストキャスティクスが表示されたFXチャート

 

上の画像は、「クリック証券」の「プラチナチャートプラス」の画像です。

 

上段がドル円の月足のローソク足チャート、

 

下段が、テクニカル指標「ストキャスティクス」です。

 

下段の、

 

赤いラインが、ストキャスティクス%K

 

黄色いラインが、ストキャスティクス%D

 

青紫のラインが、ストキャスティクスSlow%D

 

となっています。

 

 

基本的には、

 

80%以上で、ストキャスティクスSlow%Dをストキャスティクス%Dがデッドクロスしたところで、ショートエントリー、

 

20%以下で、ストキャスティクスSlow%Dをストキャスティクス%Dがゴールデンクロスすると、ロングエントリー、

 

すると良いので、
ストキャスティクスの売りサインと買いサインを示したFXチャート

 

 

上の画像の白い矢印で示したところ、

 

すなわち、

 

20%以下でストキャスティクスがゴールデンクロスしているところでロングエントリー、

 

80%以上でストキャスティクスがデッドクロスしているところでショートエントリー、

 

すれば、ローソク足を見ればお分かりのとおり、勝てることが多いわけです。

 

 

しかし、上の画像には、80%以上でストキャスティクスがデッドクロスしているところが、他にもありますね。
ストキャスティクスでだましが発生しているポイントを示したFXチャート

 

80%以上でストキャスティクスがデッドクロスしているのですが、

 

上段のローソク足を見て、お分かりのとおり、

 

相場は上がっています。

 

 

このように、売りサインがでても、相場が上がること・・・つまり「だまし」が、

 

ストキャスティクスにはよくあります。

 

 

もし、「だまし」に、だまされてしまったのであれば、

 

損切サインが出たところで、すぐ損切することです。

 

 

ショートポジションを取った場合は、ストキャスティクスが上を向いたら(ゴールデンクロス)したら、損切サインとなります。

 

 

 

この、「だまし」を見抜く方法として、ストキャスティクスの傾きを見るという方法があります。

 

ストキャスティクスの傾きが弱いときは、「だまし」となりやすいので注意が必要です。
ストキャスティクスの傾きが弱いときは「だまし」になるやすいことを説明したチャート

 

 

 

では、最後に、ストキャスティクス%Kとストキャスティクス%Dの乖離を見て、逆張りする使い方を紹介しときましょう。
ストキャスティクス%Kとストキャスティクス%Dに乖離があるFXチャート

 

上の画像のように、ストキャスティクス%Kが、ストキャスティクス%Dと、乖離がある場合、

 

ストキャスティクス%Kが、ストキャスティクス%Dより上にあるなら、ショートエントリー、

 

ストキャスティクス%Kが、ストキャスティクス%Dより下にあるなら、ロングエントリーで、

 

勝てることが多いです。

 

上の画像の場合は、ショートエントリーですね。

 

 

が、

 

これは結構難しいです。

 

特に、1分足チャートでこのストキャスティクスの使い方をすると、一瞬の判断が必要となります。

 

初心者の方にはおすすめしません。

 

 

ストキャスティクスの使い方 まとめ

 

  • 80%より上にあって、ストキャスティクスSlow%Dをストキャスティクス%Dが、デッドクロスしたらショートポジションを取る
  • 20%より下にあって、ストキャスティクスSlow%Dをストキャスティクス%Dが、ゴールデンクロスしたらロングポジションを取る

 

よく、「だまし」が発生するので、

  • ロングポジションを持っているときは、デッドクロスしたら損切
  • ショートポジションを持っているときは、ゴールデンクロスしたら損切

 

  • ストキャスティクスの傾きを「だまし」を見抜くための判断材料にする

 

初心者にはおすすめしないが、、ストキャスティクス%Kが、ストキャスティクス%Dと、乖離がある場合、

  • ストキャスティクス%Kが、ストキャスティクス%Dより上にあるなら、ショートエントリー
  • ストキャスティクス%Kが、ストキャスティクス%Dより下にあるなら、ロングエントリー

という、スキャルピングでの使い方もある。

ストキャスティクスが使用可能の、クリック証券のプラチナチャートプラスの紹介

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単にストキャスティクスをチャートに入れることができます。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。