ブルパワーの使い方!FX テクニカルチャート分析

テクニカル指標(インジケーター)ブルパワーの使い方について説明します。

 

 

ブルパワーを表示させた、FXチャートの画像

 

上の画像は、「クリック証券」の「プラチナチャートプラス」の画像で、

 

上段が、ドル円の月足のローソク足チャート、

 

下段が、テクニカル指標のブルパワーを表示させています。

 

下段の赤い線が、ブルパワーの陽線、黄色い線が、ブルパワーの陰線となっています。

 

 

 

ブルパワーは、0より上にあるときが、上昇相場と判断し、

 

0より下にあるときは、上昇相場ではないと判断します。

 

 

ブルパワーは、下落相場であるかどうかを判断するものではありません。

 

 

下落相場であるかどうかを判断するものには、ベアパワーと呼ばれるものがあり、

 

ブルパワーは、ベアパワーと一緒に使用するのが一般的です。

 

 

ブルパワーを使った、エントリーポイントの例としましては、

 

0より上で、陰線が何本か続いたあとに、陽線が出たところで新規ロングポジションをエントリーする、という方法が考えられます。

 

 

そして、陰線が出たところで、ロングポジションを利確か損切をするというのが、

 

ブルパワーの使い方といえます。

 

 

 

では、図を使って、ブルパワーを使った、エントリーポイントと、利確・損切ポイントを説明します。
ブルパワーのエントリーサインと利確・損切サインを説明した図
上の図の白の矢印は、

 

ブルパワーが0より上で、陰線が何本か続いた後に、陽線が出たところです。

 

すなわち、ブルパワーの新規ロングポジションエントリーポイントのサインといえます。

 

 

そして、緑の矢印は、

 

ブルパワーの新規ロングポジションエントリーポイントのサイン後の、陰線。

 

すなわち、利確・損切ポイントを示しています。

 

 

上図の場合、もし、ブルパワーのサイン通りにポジションをとっていれば、

 

上段のローソク足のチャートと照らし合わすことで、勝てていたということがお分かりになると思います。

 

 

 

では、0より上で、陰線が何本か続かず陽線が出た場合はどうか・・・

 

ブルパワーでは、陽線も陰線も出ずに、歯抜けが出る場合があります。
ブルパワーで歯抜けがでるところは、レンジ相場になるやすい説明をした図
このように、ブルパワーで歯抜けが出るようなところは、

 

レンジ相場であると判断できるので、

 

新規ロングポジションは取らないほうが無難です。

 

 

ブルパワーの使い方 まとめ

 

ブルパワーのエントリーポイントは、

  • 0より上で陰線が続いたあとに、陽線が出たところで新規ロングポジションをエントリー。
  • 0より上で、陰線も陽線も出ない歯抜けがあるところは、レンジ相場と判断し、エントリーしないほうが無難

 

そして、利確と損切ポイントは、

  • ロングポジションを持っているときは、ブルパワーに陰線が出たとき

 

  • ベアパワーと併用するのが一般的である。

ブルパワーが使用可能の、クリック証券のプラチナチャートプラスの紹介

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単にブルパワーをチャートに入れることができます。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。