ACオシレーターの使い方!FX テクニカルチャート分析

テクニカル指標(インジケーター)ACオシレーターの使い方について説明します。

 

ACオシレーターが表示された、ドル円の月足チャートの画像

 

上の画像は、「クリック証券」の「プラチナチャートプラス」の画像です。

 

上段が、ドル円の月足のローソク足チャートが表示され、

 

下段が、ACオシレーターが表示されています。

 

 

 

ACオシレーターは、トレンドの方向と強さを示す、テクニカル指標(インジケーター)です。

 

0より上にあるときは、上昇相場と判断し、0より下にあるときは、下降相場と判断します。
ACオシレーターが0より上が上昇相場で、0より下が下降相場を説明した図

 

 

 

ACオシレーターの陽線と陰線の長さはトレンドの強さを表します。

 

ひとつ前の陽陰線と比べて、とても長い陽線が出たときは、強い上昇トレンドとなっていると判断できます。

 

そして、強い上昇トレンドが続くときは、ACオシレーターの陽線が、

 

次から次へと長く高くなっていきます。
ACオシレーターの陽線が次から次へと長くなっているときは上昇トレンドであることを説明した図

 

 

 

逆に、陽線や陰線が短いときは、、トレンドが出ていないことを表します。

 

レンジ相場となっていることが多いです。
ACオシレーターの陽線や陰線が短いときは、トレンドが出てなくレンジ相場であることを説明した図

 

 

 

ACオシレーターの陰線が0より下に、次から、次へと長いものが出てきているときは、

 

強い下降トレンドが発生しているということです。
ACオシレーターの陰線が次から次へと長くなっているときは下降トレンドであることを説明した図

 

 

 

ACオシレーターを使ったエントリー方法としましては、

  • 0から上に陽線が1本出たとき(出そうなとき)に、新規ロングポジションを取る。
  • 0から下に陰線が1本出たとき(出そうなとき)に、新規ショートポジションを取る。

 

 

そして、利確方法が、

  • 陰線が1本出たとき(出そうなとき)に、ロングポジション利確。
  • 陽線が1本出たとき(出そうなとき)に、ショートポジション利確。

 

 

という方法が一つ考えられます。
ACオシレーターのエントリーポイントと利確ポイントを説明した図

 

 

 

ここまで、ちゃんとチャートの図を見ながら、読まれた方なら、お気づきだと思いますが、

 

ACオシレーターのサイン通りにポジションを取っても、うまくいかないことがあります。

 

その時は、損切するようにします。
ACオシレーターのエントリーポイントと損切ポイントを説明した図

 

 

 

ACオシレーターを使ったエントリー方法には、

  • 0より上で陰線が出たところで、ショートポジションを取る
  • 0より下で陽線が出たところで、ロングポジションを取る

という方法もあります。

 

 

利確ポイントと損切ポイントは、

 

ショートポジションの場合は、ACオシレーターの陽線が出たところ(出そうなところ)

 

ロングポジションの場合は、ACオシレーターの陰線が出たところ(出そうなところ)

 

となります。

 

 

ACオシレーターは、「そろそろ陰線(陽線)が出そうだな」と、予想しやすいので、

 

陽線や陰線が1本確定されるのをまたずに、利確や損切を行っても良いと考えます。
ACオシレーターのエントリーポイントを利確ポイントを説明した図2

 

 

ACオシレーターのサインを使ってトレードすることで、上手くいったところを紹介しましたが、

 

上の画像チャートの中には、うまくいかないところもあります。

 

そのときは、損切をすることです。

 

 

ACオシレーターのみのサインで、売買を行ってしまうと、勝率が悪くなってしまうので、

 

MACDなど、いくつかのインジケーターを併用して使い、エントリーポイントや利確ポイントを厳選するようにすると良いです。

 

 

 

最後にACオシレーターで、ちょくちょく出てくる形について説明します。

 

それは、0から下で陰線が出続けて、陽線が出たと思ったら、また陰線が出るというパターンです。

 

当然逆のパターンである、0から上で陽線が出続けて、陰線が出たと思ったら、また陽線が出るパターンもそうです。

 

すなわち、チャートでいう白の矢印で示したところです。
ACオシレーターでちょくちょく出てくる形の図

 

たいていこの場合は、

 

つまり、陰線が続いて、陽線がでてきて、再び陰線が出てきたとき、

 

ショートポジションを取れば、ものすごい勝率で勝てる印象があります。

 

しかし、長い時間ホールドはできません。

 

短い時間で売買を行うスキャルピングなら勝てる印象です。

 

 

当然、そのうち反転する可能性があるので、長く持ってたら、負けてしまう恐れがあります。

 

上のチャートの場合もそうです。

 

 

まあ、どのくらいの確率で勝てるのか、どのくらいの時間ホールドできるかなどは、

 

自分で研究して、みつけていくものです。

 

 

ACオシレーターも、他のインジケーターと併用することで、かなりの勝率をたたき出してくれるものとなるはずです。

 

自分で、過去のチャートで、いろいろなインジケーターを組み合わせて、研究をすることです。

 

そのような研究によって、FXで勝つために必要なインジケーターが見つかるのです。

 

ACオシレーターの使い方 まとめ

 

ACオシレーターのエントリーポイントは、

  • 0から上に陽線が1本出たとき(出そうなとき)に、新規ロングポジションを取る。
  • 0から下に陰線が1本出たとき(出そうなとき)に、新規ショートポジションを取る。
  • 0から上で陽線が続いたあと、陰線が1本出たか、出そうなときに、新規ショートポジションを取る。
  • 0から下で陰線が続いたあと、陽線が1本出たか、出そうなときに、新規ロングポジションを取る。

 

そして、利確と損切ポイントは、

  • ロングポジションを持っているときは、ACオシレーターに陰線が出たとき、あるいは出そうなとき。
  • ショートポジションを持っているときは、ACオシレーターに陽線が出たとき、あるいは出そうなとき。

ACオシレーターが使用可能の、クリック証券のプラチナチャートプラスの紹介

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単にACオシレーターをチャートに入れることができます。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。