モメンタムの使い方!FX テクニカルチャート分析

FXのテクニカル指標(インジケーター)、モメンタムの使い方について説明します。

 

まず、モメンタムが表示されたFXチャートを見てみましょう。
上段にドル円の月足のローソク足チャートと、下段に「モメンタム」と「モメンタムシグナル」が表示された、クリック証券のプラチナチャートプラスの画像

 

上の画像は、「クリック証券」のFXチャート、「プラチナチャートプラス」の画像で、ドル円の月足チャートです。

 

上段には、ローソク足のチャート、

 

下段には、テクニカル指標「モメンタム」(赤いライン)と、「モメンタムのシグナル」(黄色のライン)が表示されています。

 

 

モメンタムの見方1 「0より上か下か」

モメンタムは、

  • 中央の0のラインよりも上にあったら、強気相場(上昇トレンドになりがち)
  • 中央の0のラインよりも下にあったら、弱気相場(下落トレンドになりがち)

と判断できます。

 

では、実際のチャートで確認してみましょう。
モメンタムが0より上にある場合は強気相場と判断し、0より下にある場合は弱気相場と判断することを説明したFXチャート

 

だいたい、

  • モメンタムが0より上にあるときは、ローソク足チャートは上がっている
  • モメンタムが0より下にあるときは、ローソク足チャートは下がっている

ことを、見て取れると思います。

 

 

モメンタムの見方2 「右上がりか右下がりか」

モメンタムは、右上がりか、右下がりかの、傾きにも注目します。

 

モメンタムが0よりも上にあった場合、

  • モメンタムの傾きが右上がりであるならば、上昇トレンド
  • モメンタムの傾きが右下がりであるならば、相場の上がり方が弱かったり、下落相場の始まり

であると判断します。

 

また、
モメンタムが0よりも下にあった場合、

  • モメンタムの傾きが右下がりであるならば、下落トレンド
  • モメンタムの傾きが右上がりであるならば、相場の下がり方が弱かったり、上昇相場の始まり

であると判断します。

 

では、実際のチャートで確認しましょう。
モメンタムの動きと相場の動きの関係を示したFXチャート

 

上の図の黄色の矢印は、
モメンタムが0より上にあって、傾きが右上がりであるところです。 その時のローソク足チャートは、やはり上昇しています。

 

上の図の緑色の矢印は、
モメンタムが0より上にあって、傾きが右下がりであるところです。 その時のローソク足チャートは、やはり上げは弱く、トレンドが出ていない状態となっています。

 

上の図の青紫の矢印は、
モメンタムが0より下にあって、傾きが右下がりであるところです。 その時のローソク足チャートは、やはり下落しています。

 

 

モメンタムを使ったエントリー方法

ここまで読まれた方なら、モメンタムを使ったエントリー方法は、お分かりになると思います。
モメンタムを使ったエントリー方法は、以下の通りとなります。

  • モメンタムが0より上にあって傾きが上向きのとき、ロングポジション
  • モメンタムが0より下にあって傾きが下向きのとき、ショートポジション

を取る、ということになります。

 

では、実際のチャートで確認しましょう。
モメンタムのロングポジションエントリーポイントを示したFXチャート

 

上の図で、モメンタムのところにつけた白い丸は、
モメンタムが0よりも上にあって、傾きが上向きのところです。
すなわち、ロングポジションのエントリーポイントとなります。

 

モメンタムの傾きを見る際、シグナルよりも上か下かに注目すると良いです。
とくに、モメンタムが0よりも上にあって、かつ、シグナルをゴールデンクロスしたところが、ロングポジションのエントリーポイントの狙い目となります。

 

 

モメンタムを使った利確・損切方法

モメンタムを使った利確方法は、

  • ロングポジションを持っているときは、モメンタムが下がり始めたら利確
  • ショートポジションを持っているときは、モメンタムが上がり始めたら利確

ということになります。

 

では、実際のチャートで確認しましょう。
モメンタムを使ったロングポジションの利確ポイントを示したFXチャート

 

上の画像のモメンタムに白い丸を付けたところは、モメンタムが下向きになっていて、シグナルをデッドクロスしています。

 

これが、ロングポジション利確のサインとなります。

 

勿論、ロングポジションが含み損のときに、モメンタムが下向きになってデッドクロスしてしまったら、潔く損切することです。

 

モメンタムが下向きになったところは、ロングポジションの利確ポイントでもあり、損切ポイントでもあります。

 

当然、モメンタムが上向きになったところは、ショートポジションの利確ポイントでもあり、損切ポイントです。

 

 

モメンタムの使い方 まとめ

モメンタムの使い方 まとめ

  • 0より上で、向きが上向きならロングポジションエントリーか、ホールド
  • 0より下で、向きが下向きならショートポジションエントリーか、ホールド
  • 0より上で、向きが下向きになったら、ロングポジション利確か、損切
  • 0より下で、向きが上向きになったら、ショートポジション利確か、損切

モメンタムが使用可能の、クリック証券のプラチナチャートプラスの紹介

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単にモメンタムをチャートに入れることができます。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。