MACDの使い方を解説!FX テクニカルチャート分析

FXのテクニカル指標(インジケーター)MACDの使い方について、説明します。

 

MACDは、

 

トレンドの方向がとてもわかりやすい、テクニカル指標(インジケーター)です。

 

 

では、実際にどのように使っていくのかを見てみましょう。

 

上段にドル円の月足のローソク足チャートと、下段に「MACD」と「MACDシグナル」と「MACDオシレーター」が表示された、クリック証券のプラチナチャートプラスの画像

 

上の画像は、「クリック証券」のFXチャート、「プラチナチャートプラス」の画像で、ドル円の月足チャートです。

 

上段には、ローソク足のチャート、

 

下段には、テクニカル指標「MACD」(赤いライン)と、

 

「MACDシグナル」(黄色のライン)

 

そして、「MACDオシレーター」(青紫と緑の棒グラフ)と呼ばれるものが表示されています。

 

 

MACDの見方1 「0より上か下か」

MACDは、

 

中央の0のラインよりも上にあったら、強気相場にある、

 

逆に、

 

中央の0のラインよりも下にあったら、弱気相場にある、

 

と判断できます。

 

MACDが0より上にある場合は強気相場と判断し、0より下にある場合は弱気相場と判断することを説明したFXチャートの画像

 

しかし、0より上にあれば必ず上昇トレンド、0より下にあれば下降トレンドというものではなく、

 

0より上にあっても、MACDの傾きが強い下向きになっていれば、すでに下降トレンドが始まっている可能性がある場合があります。

 

 

MACDの見方2 「右上がりか右下がりか」

MACDで、最も重視するべきポイントは、傾きです。

 

右上がりの角度が強ければ強いほど、強い上昇トレンド、

 

右下がりの角度が強ければ強いほど、強い下落トレンドと判断できます。

 

MACDの傾きが上向きなら上昇トレンド、下向きなら下落トレンドの説明画像

 

 

ですから、MACDが0よりも上にあって、かつ、急な角度の右上がりとなっていれば、相場は強い上昇トレンドとなっているはずですし、

 

MACDが0よりも下にあって、かつ、急な角度の右下がりになっていれば、相場は強い下落トレンドとなっているはずです。

 

 

MACDを使ったエントリー方法

ここまで読まれた方は、MACDは0より上で傾きが右上がりの時に、ロングポジションを取って、
MACDが0よりも下で、傾きが右下がりの時に、ショートポジションを取る、

 

と思われるかもしれません。

 

しかし、それだと、あまり大きなPIPS数を利確することができないので、

 

MACDの場合、

  • 0より上にあってシグナルとデッドクロスしたときに、ショート(売り)ポジションをエントリー
  • 0より下にあって、シグナルとゴールデンクロスしたときに、ロング(買い)ポジションをエントリー

するようにします。

 

 

つまり、MACDは、上昇トレンドや下落トレンドを確認してからポジションを取るのではなく、

 

上昇トレンドの始まりや、下落トレンドの始まりを狙って、エントリーするために使うのが一般的です。

 

 

では、実際のチャートを見て、MACDのどこでエントリーをすればよいかを見てみましょう。

 

MACDがシグナルとデッドクロスをしたところを示した画像1

 

上の図のように、白い丸で囲った、MACDがシグナルとデッドクロスしたところで(上の図のMACDデッドクロス1)、ショートポジションを取れば、勝てる確率、可能性は高いです。

 

上の図だと、MACDがデッドクロスしたところは、ドル円が120円くらいで、そのあと、ドル円が100円くらいまで下がっているので、

 

うまくいけば、20円抜き、つまり2,000PIPS抜きができたわけです。

 

 

しかし、もう一つありますね。MACDが0より上で、シグナルとデッドクロスしているところが。

 

次の図を見てください。
MACDがシグナルとデッドクロスをしたところを示した画像2

 

上の図の、MACDに白い丸印を付けたところは、(上の図のMACDデッドクロス2)

 

0より上にあって、MACDがデッドクロスしているが、そのあと、相場は下がらず、逆に、ドル円は上昇しています。

 

 

もちろん、このようなこともあります。
テクニカルチャート分析は、100%勝てるというものではないのですから。
でも、ご安心ください。

 

 

0より上にあるMACDデッドクロスでショートポジションを取ったが、
そのあとすぐにMACDがゴールデンクロスしたら、損切をすれば良いのです。

 

下の画像を見てください。
MACDがデッドクロスしたら、すぐにゴールデンクロスしている画像
MACDが0より上でデッドクロスした後、すぐにゴールデンクロスしていますね。

 

MACDが0より上でデッドクロスをしたところでショートポジションを取ったが、

 

すぐにMACDがゴールデンクロスしてしまったら、損切をするようにすれば、損失を小さく抑えることができるはずです。

 

この損切ルールを守って、MACDを使ってトレードすれば、損小利大のトレードができることに違いありません。

 

 

MACDの見方3「傾きの強さがトレンドの強さ」

MACDは傾きの強さを見ることが重要です。

 

先ほども述べましたが、0より上のときは、MACDは上昇トレンドと判断します。

 

いくらMACDがデッドクロスしていても、下向きの傾きが弱いと、上昇トレンド継続の可能性もあるわけです。

 

次の画像を見てください。
MACDの傾きに比例して、トレンドの強さが変わることを説明したFXチャート
上の画像で、MACDがデッドクロスしているところが、2か所あります。

 

その2か所のMACDの傾きに注目してください。

 

1回目のデッドクロス(上の図の左側のデッドクロス)では、MACDはそれほど下に下がっていません。

 

そして、相場もそれほど下に下げていません。

 

これに対して、

 

2回目のデッドクロス(上の図の右側のデッドクロス)では、MACDは勢い良く、下に下げています。

 

そして、相場も勢い良く、下に下げています。

 

ですから、MACDの傾きの強さを見ることも大切です。

 

MACDの傾きを見て、「下がらないかもしれないな」とか「きっと下がるな」など、経験を積むことで、判断できるようになっていきます。

 

MACDの使い方 まとめ

MACDの使い方 まとめ

  • MACDが0より上にあって、シグナルとデッドクロスしたとき、新規ショートポジションを取る
  • MACDが0より下にあって、シグナルとゴールデンクロスをしたとき、新規ロングポジションを取る
  • MACDの傾きが弱いときは、注意が必要
  • MACDがデッドクロスしてショートポジションを取ったが、すぐMACDがゴールデンクロスをしたら、損切をする(重要)

 

MACDを利用したエントリーポイント(新規ポジションの取り方)については、以上の説明で、十分かと思われます。

 

では続いて、利確ポイントの紹介をしておきましょう。

 

 

MACDオシレーターを使った利確の方法

利確ポイントについては、例えば、MACDオシレーターを利用します。

 

今までのチャートの図に表示されていた、MACDオシレーターの緑は下降トレンドを表して、青紫は上昇トレンドを表しています。

 

ですから、MACDデッドクロスでショートポジションをとった場合、

 

上昇トレンドを示すMACDオシレーターの青紫が表示されたところで、ショートポジションを利確するようにします。

 

では、下の図で確認してみましょう。
MACDのエントリーポイントとMACDオシレーターの利確ポイントを説明したFXチャート
このように、MACDやMACDオシレーターの売買サインに従ってトレードすると、勝てることが多いのです。

 

参考になさってみてください。

MACDが使用可能の、クリック証券のプラチナチャートプラスの紹介

クリック証券のプラチナチャートプラスは、

 

ボタン一つで簡単にMACDをチャートに入れることができます。

 

 

MACDシグナルとMACDオシレーターも同時に表示されて、とても便利です。

 

 

プラチナチャートプラスは、クリック証券のFX口座を開設すれば、無料で使うことができます。

 

 

当然、FX口座開設費、維持費等、一切無料です。

 

 

プラチナチャートプラス、おすすめです!

 

 

是非、試してみてください。