FX業者「ヒロセ通商LION FX」 私のレビュー・評価

FX業者「ヒロセ通商 LION FX」を使ってみた、私の感想・評価を記述します。

 

 

「ヒロセ通商」は、1000通貨から取引可能で、維持率100%で強制ロスカットされるため、

 

 

負けても(ロスカットされても)、資産が減りにくいというメリットがあります。

 

 

通常スプレッドも、ドル円が0.3など、かなり狭く設定してくれています。

 

 

 

基本的には、悪くないと思います。

 

 

良い方向にもすべることがあるし、約定力は、まあまあ普通でしょうか。

 

 

 

ただ、「ヒロセ通商」は、指標時、とんでもないほどスプレッドを広げてきます。

 

 

雇用統計などの値動きの激しい指標時は、ドル円でもスプレッドを50PIPSくらいに広げます。

 

 

スプレッド50PIPSでは、まったくポジションを取りたいと思いませんね。

 

 

 

もし、指標時にポジションを取ることは、控えているという方には、おすすめできます。

 

 

 

指標時にスキャルピングをしたいというのであれば、「ヒロセ通商」よりも、

 

 

「クリック証券」か、少額取引を行うのであれば「SBI FXトレード」を使う方が良いと思います。

 

 

 

「ヒロセ通商」の特徴として、取引通貨が多いというものがあります。

 

 

はっきり言って、意味がないと思います。

 

 

私は基本4通貨、すなわち、

 

 

ユーロ、ポンド、オージーのクロス円と、

 

 

ユーロ、ポンド、オージー、円のドルストレートのみでトレードしています。

 

 

 

ですから、「ヒロセ通商」の取引通貨の豊富さは、私にとっては、何のメリットもありません。

 

 

メキシコペソとか、ポーランドズウォティとか、取引したい人は、「ヒロセ通商」なら取引可能です。

 

 

ただし、メキシコペソもポーランドズウォティも、スプレッドがとんでもなく広いです。

 

 

やめた方が良いです。

 

 

初心者は絶対に手を出してはいけません。

 

 

 

おすすめ度★3つのFX業者です。

 

 

 

※上記は、あくまでも、私個人の感想です。

 

 

「ヒロセ通商」 より、おすすめのFX業者

 

「ヒロセ通商」より、おすすめのFX業者は、「GMOクリック証券」です。

 

 

「ヒロセ通商」は、指標時、とんでもなくスプレッドが広がります。

 

 

ひどい時は、50PIPS以上広がります。

 

 

50PIPSも広げられては、まったく取引できません。

 

 

スプレッド50ということは、1枚で新規ポジションをとれば、いきなり-5,000円、10枚ならいきなり-50,000円、100枚ならいきなり-500,000円です。

 

 

新規ポジションを取っただけで大損してしまいます。

 

 

 

それに対して「クリック証券」は、指標時、スプレッドは多少、広がりますが、「ヒロセ通商」ほど広がりません。

 

3PIPSから、広がっても9PIPSくらいでしょうか。

 

ですから、「クリック証券」なら、指標でスキャルピングができます。

 

 

 

また、「クリック証券」のFXチャート「プラチナチャートプラス」は、「ヒロセ通商」のFXチャートよりも、とても見やすくて使いやすいです。

 

 

ですから、私は「クリック証券」を使っています。

 

 

 

※上記は、あくまでも、私個人の感想です。

 

FXを始めるならクリック証券がおすすめ!

 

 

「GMOクリック証券」は、FX取引高世界一のFX業者です。

 

みんなが使っている業者だから、とても安心です。

 

 

口座開設をすることで、無料で使える

 

「プラチナチャートプラス」は、とても使いやすいです。

 

 

口座開設費・維持費等、一切無料です。

 

私が自信を持っておすすめするFX会社です。

 

 

GMOクリック証券 口座開設はこちらから!