FX業者「マネーパートナーズnano」 私のレビュー・評価

FX業者「マネーパートナーズnano」を使ってみた、私の感想・評価を記述します。

 

 

「マネパnano」は、ドル円のスプレッドが0.3で狭いと感じたので使ってみました。

 

 

「マネパnano」の凄いところは、指標時もスプレッドが0.3で完全固定だったところです。

 

 

しかし、悪いところは、値動きが激しいとき、約定されないことがよくあるというところです。

 

 

値動きが激しい、指標時でもスプレッド0.3なので、約定されれば、指標スキャで稼ぐことが可能です。

 

 

が、約定されないことが多いため、スキャルピングは危険です。

 

 

 

約定力ですが、かなり悪いと感じています。

 

 

良い方向には1PIPSくらい滑るが、悪い方向には40PIPSくらい平気で滑らせてきます。

 

 

逆指値注文を入れていても、指標で40PIPS、値が飛んだら、40PIPS悪い方向に滑らせて約定されます。

 

 

 

あまり、ボラティリティーがないときに使えば、スプレッド0.3完全固定ですので悪くないのですが、

 

 

指標時に利用するのは、おすすめできません。

 

 

 

まあ、100通貨取引から可能なので、少額でトレードを行いたい人には、向いていると思います。

 

 

ですが、少額でトレードをするのであれば、スプレッドの狭さ、約定力の強さ等を考えても、「SBI FXトレード」を使った方が良いと思います。

 

 

 

おすすめ度★2つのFX業者です。

 

 

 

※上記は、あくまでも、私個人の感想です。

 

 

「マネパnano」 より、おすすめのFX業者

 

「マネパnano」より、おすすめのFX業者は、「GMOクリック証券」です。

 

 

「マネパnano」は、スプレッド0.3と、それは「クリック証券」と同じですが、

 

 

悪い方向への滑り方が、「クリック証券」と比べて、ひどいと感じています。

 

 

悪い方向へ値が50PIPS飛んだら、「マネパnano」は、50PIPS悪い方向に滑るイメージです。

 

 

それに対してクリック証券は、悪くても、30〜40PIPS、悪い方向に滑って約定されるイメージです。

 

 

 

また、「マネパnano」は指標時、スプレッド0.3完全固定とはいえ、値動きが激しい時は、約定されません。

 

 

ですから、決済したいときにできないことがあります。

 

 

それに対して「クリック証券」は、スプレッドは多少、広がりますが、約定されないということはなく、指標でスキャルピングができます。

 

 

 

ですから、「マネパnano」よりも、「クリック証券」の方をおすすめします。

 

 

また、「クリック証券」のFXチャート「プラチナチャートプラス」は、「マネパnano」のFXチャートよりも、とても見やすくて使いやすいです。

 

 

ですから、私は「クリック証券」を使っています。

 

 

 

※上記は、あくまでも、私個人の感想です。

 

FXを始めるならクリック証券がおすすめ!

 

 

「GMOクリック証券」は、FX取引高世界一のFX業者です。

 

みんなが使っている業者だから、とても安心です。

 

 

口座開設をすることで、無料で使える

 

「プラチナチャートプラス」は、とても使いやすいです。

 

 

口座開設費・維持費等、一切無料です。

 

私が自信を持っておすすめするFX会社です。

 

 

GMOクリック証券 口座開設はこちらから!